子ども村

2018年9月「子ども村」2日目

2018/09/16

動物の鳴き声とともに「みんなで作る!子ども村」の2日目が始まりました。「鶏が本当に朝鳴いている!」と、普段と違う朝にワクワクしながら元気に活動を始めました。最初の活動は当番活動です。みんなの前に出て体操を行ったり、動物のお世話をしたり、朝ごはんの準備をしたり。1日目に話し合って決めて、分担して朝の仕事を行いました。

朝ごはんを食べたら農作業の始まりです。田んぼの雑草を抜くチームと、抜いた雑草や田んぼ周りの草を集めるチームに分かれて作業しました。また、トラクターの運転を教えてもらいながら行いもしました。農作業が終わると自由あそびの時間です。1日目に雨の影響でぬかるんでいくことのできなかった山の上のアスレチックで遊んだりしました。

2日目のお昼ご飯はお餅です。二人でペアを組んで交互に餅つき。テンポよく餅つきを行いました。餅を食べる時には、普段はあまり食べない「赤紫蘇が美味しい!」とたくさん食べていました。

お昼ご飯が終わると2回目の農作業です。午前中やらなかった方の作業を行いました。普段やらない活動が新鮮で、もっと農作業したい!という声が聞こえました。農作業が終わると、自由あそびのチームと、夕食のうどんを作るチームに分かれました。

自由あそびのグループは、工作をしたり、ヤギと遊んだり、小川でたくさんの生き物を捕まえたり。誰の指にトンボがとまるか競争したりもしました。うどん作りは、生地を作るところから始めました。生地を足で踏む感触が気持ちよく、みんな楽しく踏み続けていました。うどんを切る工程では、きしめんのように太い麺だったり、蕎麦のように細い麺だったり、個性あふれる麺が出来上がりました。

うどん作りが終わるとちょっと早めのドラム缶風呂。1日目同様、みんなでぎゅうぎゅうになりながらも楽しく入りました。お風呂が終わると夕食です。友達が作ってくれたうどんを、美味しくいただきました。

食事を終えると、鹿角平の展望台へ行き天体観測をしました。ちょうど天気が良くなり、大きな天体望遠鏡で月と土星を観察しました。「月のクレーターがはっきり見えた!」「土星って本当に輪っかがあるんだ!」と、初めて自分の目で見た星の様子に大興奮でした。また、天体望遠鏡を使わなくても見える数々の星に感動し、「夏の大三角形がある!」「あれはアンタレスかな?」と、楽しそうに夜空を見上げていました。

最後に1日をチームごとに振り返り、良かったことや難しかったことなどを、子ども会議で伝え合いました。2日目は、部屋で寝るのとテントで寝るのを1日目と交代して寝ます。たくさん遊び、いろいろ経験した2日目。みんなは何が楽しかったかな?最終日に備えてゆっくり休みましょう。

>>1日目の記事へ
>>3日目の記事へ

(コアスタッフ さとし)

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日10時~19時

募集中のプログラム

日程:2018年12月26日~28日

場所:長野県上田市

対象:小学生・中学生

キッズクラブ:冬休みキャンプ
菅平高原スキーキャンプ

美しい冬の雄大な自然に囲まれた菅平高原を楽しく滑ろう!山頂や森の景色は最高です!初心者も経験者も大歓迎!スキーのレベルに応じてグループに分かれてレッスンします!

詳しくはこちら

日程:2018年11月18日

場所:八国山緑地

対象:小学生・中学生

秋の森の自然と遊ぼう!
作ろう!僕らの秘密基地

仲間と力を合わせて、秋の森の中で自分たちの秘密基地を作ります!ロープワークを学び、様々な形をした木々を組み合わせ、世界に一つの個性的な基地を完成させよう!

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >