子どもキャンプ

春休み子どもキャンプ2019(1日目)

2019/03/29

春休み子どもキャンプ2019」の1日目がスタートしました。朝早くからたくさんの子どもたちが集合場所に集まってきてくれました。集合場所の公園から電車とバスを乗り継いで目的地へと向かいます。電車やバスの中では移動班のお友達とお話しをして楽しく過ごしていました。2時間ほどで3日間を過ごす「千葉市少年自然の家」に到着しました。

到着したら、班を生活班に組み替えた後、新しく活動に参加するお友達の紹介、春キャンプの歌を歌いました。そして、スタッフから班に1枚、地図が渡されました。3日間その地図を使って、敷地内を散策したり目的地に移動したりします。最後に、「YOU GO WE GO 春キャンGO!」と春キャンプのあいさつをみんなでしたら、班ごとにログハウスに向かいます。

今回のキャンプでは班に1つのログハウスに泊まります。ログハウスに着いたらリネンの受け取り、荷物整理をした後、デッキでお昼ご飯です。自然に囲まれながら美味しいお弁当を食べて、お友達との会話も弾みました!昼食の後は、2時間ほど班ごとに自由時間です。施設の敷地内を探検して葉っぱや枝を集めたり、広場で鬼ごっこをしたりなど思い思いに過ごしていました!

次に班ごとに野外でお好み焼き作りをしました。班の中で火をつける組と料理をする組に分かれて作業を行いました。火をつける組は、はじめにスタッフから薪の組み方、火のつけ方と維持の仕方を習って、火付けの基礎を身につけた後、自分の班のかまどに火をつけました。みんな、自分の力で火をつけることができて、とても喜んでいました!料理をする組はレシピを見ながら一生懸命、野菜を刻んだり生地をかき混ぜたり楽しそうに作業をしていました!

生地ができたらかまどで焼いていきます。生地を入れたフライパンをかまどの網の上に置いて生地を片面ずつ焼きます。時々、生地の焼け具合をヘラで確認し、ひっくり返すタイミングを班のみんなで話し合いながら焼いていきました。ひっくり返すのに成功すると班のみんなで喜んでいました。お好み焼きが完成したら、いよいよ実食です。子どもたちはとてもお腹を空かせていたので、自分達で作った出来立てのお好み焼きを食べることができて、とても幸せそうでした!

お好み焼き作りが終わったら、入浴をした後、自分のログハウスに戻ります。明日の準備と自分の寝袋の支度をして、少しお友達との会話を楽しんだ後、就寝します。みんな1日たくさん活動したのですぐに眠りにつきました!

この日はとても気温が低く、特に夜は冷え込みましたが子どもたちは最後まで元気に過ごしていました!明日も楽しいプログラムがたくさん!明日に備えてゆっくり休みましょう♪

(プロジェクトメンバー よっしー)

>>2日目の記事へ
>>3日目の記事へ

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日10時~19時

募集中のプログラム

日程:2019年7月・8月

場所:全国各地

対象:小学生・中学生

【公開】主催:関西教育旅行(株)
ネイチャーキッズ

全国各地で体験活動を推進する団体・企業と連携し、小中学生対象のキャンプやスキー、自然体験ツアーを提供。夏休みに行うサマーキャンプ全9コースの参加者を募集中!

詳しくはこちら

日程:2019年8月19日~21日

場所:山梨県北杜市

対象:小学生・中学生

キッズクラブ:夏休みキャンプ
山とテントのコース

日本百名山の八ヶ岳南麓で2泊3日のサマーキャンプ!テント宿泊、原始の火おこし・たき火、野外料理、ナイフ講座、弓矢づくり、冒険アスレチックなど

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >