子どもキャンプ

GW子どもキャンプ2019(2日目)

2019/05/04

GW子どもキャンプ2019」の2日目を迎えました!朝から天気もよく絶好のカヌー日和です!朝の集いをおこない、朝食を食べたら、2日目のプログラムのスタートです。

午前中は、1~3年生は「カヌー」4年生以上は「川釣り」を行いました。1~3年生のお友だちはカヌーをするので、まずは自然の家の職員の方にライフジャケットの着方やカヌーの漕ぎ方、乗り方を指導してもらいます。その後、施設の外にあるカヌーの専用の水場でカヌーの体験を行いました。

最初の内は慣れないの操作に子どもたちも四苦八苦していた様子でしたが、実践の中でコツを掴み、少しずつ上達していきました。カヌー体験が終わった後は、子どもたちが満足そうな笑顔で「難しかったけど、楽しかった」と、滅多に出来ない体験を純粋に楽しく挑戦している様子が見受けられました!

4年生以上の子どもたちは「川釣り」を行いました。初めに施設の方の説明を聞いてから釣り場へ向かいます。初めて釣りに挑戦する子もいて、釣竿の扱いや、餌のミミズに四苦八苦していましたが、「ミミズの付け方教えてあげる」と、子どもたち同士で協力する姿も見られました。

「釣れた〜!」という声が上がるとみんな大盛り上がり!周りの子どもたちは「どこで釣れたの?」などと聞き、次は我こそが!と意気込んでいました。中には魚ではないものを釣ってしまった子もいましたが(笑)、最終的に計10匹も釣り上げ、40cm程の大きな魚も釣ることができました!

午後になると1~3年生は「ペットボトルロケット」と「カレー作り」4年生以上は「カヌー」を行いました。1~3年生のお友だちは楽しくカヌーをした後は、いよいよお待ちかねのペットボトルロケットの発射です!昨日班のみんなと力を合わせて作成したペットボトルロケットが本当に飛ぶのか?ワクワクドキドキしながら、ロケットに水を入れて専用の発射台に取り付けたら中に空気を入れていきます。

勢いよく大きな弧を描いて飛ぶものもあれば、上手く飛ばない時もあり、その度に水の量や空気を入れる回数を調整するなど試行錯誤を重ねながら、次の発射に向けて急いで水を入れに行く場面もありました。無事に作成したロケットが発射されると「何メートル飛んだ!?」「凄い勢いだった!」など大興奮でした。

ロケットのあとは野外炊事場で「カレー作り」です!班の中でカレールウとご飯の担当を決めて調理スタートです。まず、ご飯係はお米を研ぎます。お米がこぼれないようにザルを使ったり、他班の子が上手に研いでいるのを見ながら、班のお友達と協力してお米を研いでいました。次にカレールウ担当は具材を包丁で切ります。初めて包丁を使う子もいるので一つ一つ教えながら切っていきます。全部具材が切り終えた時には「上手にできた!」と喜んでいる班もいました。

カレールーとご飯を炊いていきます。班のみんなで協力しながら「どのくらい煮込むのか?」「味の濃さどうしよう」と相談しながら作っていました。おいしいカレーができたらいただきます!「自分の班が一番おいしい!」「絶対1位だ」という声がたくさん出ていました。

4年生以上は、午後にカヌーの体験を行いました。何回か夢職人などでカヌーを漕いだ事のある子どもも多く、子どもたちの中には「どうすれば早くカヌーを漕ぐことが出来るのか?」お互いに声を掛け合ってカヌーを漕ぐタイミング合わせるなど自ら工夫している子どもたちもいました。カヌー体験で体をいっぱい動かして少し疲れた様子の子どももいましたが、表情はそれぞれ満足そうで、1~3年生のお友だち同様、普段できない体験に挑戦できた事を楽しんでいる様子でした。

夜になり、4年生以上のお友だちは班で過ごす時間です。外に行って鳴き声のする虫を探したり、班を越えて鬼ごっこをしたりと、楽しくすごしていました。それぞれのプログラムも終わり、お風呂に入って就寝準備です。明日はもうキャンプ最終日!楽しいキャンプも明日で終わり、最終日も思いっきり、元気に楽しみましょう!

(サポートスタッフ しゅん)

>>1日目の記事へ
>>3日目の記事へ

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日10時~19時

募集中のプログラム

日程:2019年11月2日~4日

場所:福島県東白川郡鮫川村

対象:小学3年生~中学生

キッズクラブ:農業体験・山村生活
みんなで作る!子ども村

農業体験や山村生活、自然遊びが楽しめる2泊3日!里山、田んぼ、畑があり、ヤギやニワトリなどの動物も暮らす自然豊かな村で、仲間と一緒に田舎の暮らしを楽しもう!

詳しくはこちら

日程:2019年10月12日

場所:都立木場公園

対象:親子・幼児・小学生

【公開】子どもがのびのび遊べる場
木場プレーパーク

いつ来てもいつ帰ってもOK!のこぎりやトンカチ、絵の具などの様々な道具を使い、土や水、木といった自然の素材、布や段ボール等の廃材などで思い思いに遊べます!

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >