子どもデイプログラム

お菓子な家&ケーキづくり~好きな材料で自由にかざろう!(2019年12月15日「あそびの達人」)活動報告

2019/12/15

本日は、12月「あそびの達人」(お菓子な家&ケーキづくり~好きな材料で自由にかざろう!)を実施しました。12月といえばクリスマス、クリスマスといえばクリスマスケーキ!ということで、今回、小学1年生〜3年生は「デコレーションケーキ」、小学4年生以上は「お菓子の家」を作りました。それぞれの班の個性が出て、素敵なケーキがたくさん。そんなケーキはどうやってできたのでしょうか?

ケーキ作り開始!と、その前に、まずは班でケーキのアイディアを出しました。「どんなケーキを作ってみたい?」「サンタってどんな人かな?」という話題から、具体的にどのようなケーキ・お菓子の家を作るかアイディアを練っていきます。「煙突を作るなら、こんなお菓子があるといいね」「クリスマスツリーに飾るなら、キラキラしたものもあるといいね!」など飾り用に購入したい材料を相談している班もありました。

どんなケーキを作るかを決められたら、スポンジ生地作りの開始です。小学4年生以上は、クッキーの生地も作りました。ハンドミキサーで生地を混ぜている子、ボウルをおさえている子。お友達と協力してスポンジ生地を作っている様子がみられました。

さて、スポンジ生地をオーブンに入れたら、買い物に出発です。予算の中で、思い描いたケーキを作るための材料を検討します。買い物から帰ってきたら、調理室はスポンジが焼けていい匂い。小学1年生〜3年生はお弁当の時間。小学4年生以上は、クッキー成形をしてからお昼の時間です。

午後になったら、クリーム作りとデコレーションの開始。カラフルなクリームや買ってきた材料で、デコレーションしていきます。スポンジを切って、立体的なクリスマスツリーを作っていたり、サンタの顔のケーキができていたり。作っている最中も、「こうしたい!」がたくさんでした。

お菓子の家は、組み立てから行います。クリームとアイシングを上手に使って、クッキーを組み立てます。屋根を外したら、お家の中が見えるようになっていたり、お家に雪がかかっていたり。また、いちごでチューリップ作りに挑戦している子もいました。

思い思いのケーキができたら、お待ちかねクリスマスパーティの始まりです!どこからか鈴の音がすると思ったら…なんとサンタとトナカイの登場!サンタ・トナカイや、保護者の皆様、お友達に、班で作ったケーキの魅力を伝えるべく発表を行いました。もちろん、みんなで美味しく食べました。あっという間に楽しいパーティも終了。

イチから作ったデコレーションケーキ、お菓子の家はどんな味がしたのかな?12月「あそびの達人」は、来週も実施予定です。来週はどんなケーキができるか楽しみにしています!

>>2回目の記事

(プロジェクトメンバー はたちゃん)

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日10時~19時

募集中のプログラム

日程:2020年3月27日~29日

場所:千葉県長柄町

対象:小学生・中学生

キッズクラブ:春休みキャンプ
春休み子どもキャンプ

トムソーヤもびっくりの本格的なログハウスでキャンプ!薪で火をおこし、シチューやバームクーヘンを作ろう!高い壁を自分の力で登るクライミングウォールにも挑戦!

詳しくはこちら

日程:2020年3月26日~28日

場所:全国各地

対象:小学生・中学生

【公開】主催:関西教育旅行(株)
ネイチャーキッズ

全国各地で体験活動を推進する団体・企業と連携し、小中学生対象のキャンプやスキー、自然体験ツアーを提供。春休み・GWに行う子どもキャンプの参加者を募集中!

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >