子どもキャンプ

2019年12月菅平高原スキーキャンプ(3日目)

2019/12/28

菅平スキーキャンプ2019」の3日目を迎えました!いよいよ今日はキャンプ最終日です。起床したら、まずは帰るための準備をします。荷物をまとめたら朝ごはんです!朝ごはんもバランスよく、おいしくいただきました。その後、再度部屋の掃除をし、スキースクールがスタート!最終日の天気は晴天で絶好のスキー日和です!

初級コースでは、今日は、すぐにリフトに乗っていきました。乗るのも降りるのも昨日よりも慣れた様子で、転ぶ子どもも少なかったです。教わったことを意識しながら、美しい菅平高原のゲレンデを滑り降りていきます。止まったり、進んだり、曲がったり…が自分の意思でできるようになり、それがとても楽しいようで、「もう1回リフト乗りたい!」という声が続出。短い時間の中でも何回かリフトに乗ることができ、大満足の時間となりました。初日に初めてスキー板を履いた子どもたちとは思えない上達ぶりでした。

中級コースでは、昨日までとは違う急なコースをすべってみることになりました。「急すぎてこわい!」「どうしよう!」と少し弱音を吐きながらも、みんな一生懸命に少しずつ降りていき、全員が最後まですべり降りることができました。すべってきた斜面を下から見上げてみると、「こんなに急だったんだ!」と驚きつつも、満足そうな、達成感のある表情をしていました。

上級コースでは昨日の練習したことを振り返り、急な坂でターンの練習に挑戦です。昨日までの緩やかな坂ではないので、バランスをとるのが難しく中々上手に滑れません!しかし、何回も練習をしていくと、きれいに滑れるようになりました。最終日ということもあり少し疲れ顔も目立ちましたが、最後まで頑張って滑っていました。

スキースクールが終わると、みんなが待ちに待ったお昼ごはん!ハヤシライスをみんなでおいしくいただいきました。

お昼ごはんが終わった後は最後のスキーの振り返りです。3日間を通して「曲がるのが上手になった!」「転ばなくなった」など上達したところを話したり、「もっとエッジを聞かせて曲がりたい!」「次は転ばないように滑りたい」などまだまだチャレンジ精神がある振り返りが見られました。

最後に、3日間頑張った子どもたちには、インストラクターの先生から「修了賞」が授与されました。受け取った子どもたちは満足そうな表情で、「また、滑りに来る!」と話していました。その後、感環自然村の方とお別れの挨拶をして、バスに乗り東京へ帰りました。帰りのバスではみんなぐっすりでした。

今回のスキーキャンプは、雪や天候が心配な日もありましたが、無事にスキーを行うことができてとてもよかったです。子どもたちも「またやりたい!」「楽しかった」との声も見受けられました。2月にもスキーキャンプがあります。またみんなでスキーをしましょう!

(サポートスタッフ ひーくん)

>>1日目の記事へ
>>2日目の記事へ

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日10時~19時

募集中のプログラム

日程:2020年5月31日

場所:都立葛西臨海公園

対象:小学生・中学生

キッズクラブ:5月あそびの達人
宝探し★アドベンチャー

海岸に到着した船に積まれた宝物を泥棒に盗まれてしまった。地図を頼りに泥棒たちを見つけ出し、様々なゲームにもチャレンジ!仲間と力を合わせて宝物を取り戻そう!

詳しくはこちら

日程:2020年5月9日

場所:都立木場公園

対象:親子・幼児・小学生

【公開】子どもがのびのび遊べる場
木場プレーパーク

いつ来てもいつ帰ってもOK!のこぎりやトンカチ、絵の具などの様々な道具を使い、土や水、木といった自然の素材、布や段ボール等の廃材などで思い思いに遊べます!

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >