子どもデイプログラム

ワクワク!ドキドキ!アスレチック-とんで!くぐって!よじ登れ!(2021年6月20日「あそびの達人」)活動報告

2021/06/20

本日は、6月「あそびの達人」を実施しました。今回は「フィールドアスレチック横浜つくし野コース」で班に分かれてアスレチックを行いました。集合時はまだ雨が降っていましたが、現地に着くと天気も回復していて1日楽しく過ごすことができました。

朝は公園に集合して、移動時のマナーをみんなで確認したら、出発です!電車内では感染症対策として会話を控えていたので、各自で本を読んだり、話をせずに楽しめるゲームをしたりしていました。

現地に到着後、アスレチックの説明を聞いた後は班ごとに作戦会議や準備体操を行います。準備ができたら、いよいよアスレチックスタート!元気に「行ってきます!」と言ってアスレチックに向かいました。 

今回の企画では、アスレチックに挑戦したりクリアできたりすると班ごとにポイントがもらえます。そのポイントを集めるとステージごとにシールがもらえます。そして、1日の終わりまでに4枚以上のシールを集められた班は、家に持って帰れる特別なステッカーをゲット!シールやステッカー獲得を目指してアスレチックに取り組んでいました。

アスレチックでは、班のお友達と協力する様子が見られました。アスレチックが得意な子が挑戦中の子に足を置く場所を教えてあげたり、ロープを持ってお友達の手助けをしたりしていました。手伝ってもらった子は「ありがとう!」と感謝の気持ちを伝えていて、子ども同士の会話が自然と起こる素敵な場面も見られました。 

また、難しいアスレチックに挑戦する姿も多く見られました。「やる前は怖かったけど、やってみたら意外と楽しかった」と報告してくれた子や、「もう1回やったらできそう!」と失敗したアスレチックに再挑戦する子もいました。

アスレチックが終わった後は表彰を行いました。企画を練っていた段階ではステッカーをもらうのは難しいかと考えていたのですが、多くの班がたくさんのアスレチックに取り組んでステッカーをゲットしていました。 

1日を通して歩いたり動いたりとハードスケジュールでしたが、子どもたちが元気に楽しく過ごすことができて良かったです。26日にも2日目のアスレチックの企画があるので、また子どもたちの挑戦や協力の様子が見られるのが楽しみです。

(プロジェクトメンバー・たね)

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日11時~19時

募集中のプログラム

日程:2021年11月14日

場所:高尾山

対象:小学生・中学生

キッズクラブ:11月あそびの達人
高尾わくわくハイキング

自然豊かな高尾山へハイキングに行こう!珍しい植物や昆虫を見つけたり、耳をすませば鳥のさえずりや小川の音が聞こえてきます。みんなで山頂を目指してがんばろう!

詳しくはこちら

日程:2021年11月13日

場所:都立木場公園

対象:親子・幼児・小学生

【公開】子どもがのびのび遊べる場
木場プレーパーク

いつ来てもいつ帰ってもOK!のこぎりやトンカチ、絵の具などの様々な道具を使い、土や水、木といった自然の素材、布や段ボール等の廃材などで思い思いに遊べます!

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >