子ども村

夏休み子どもサマーキャンプ2022(里山と農業のコース)1日目

2022/07/16

夏休み子どもキャンプ(里山と農業のコース)の1日目がスタートしました。今回のキャンプの実施場所は、福島県東白川郡鮫川村という、自然が大変豊かな場所です。

朝の集合は東京駅。「まだ眠いかな?」と思いきや、元気いっぱいな子どもたちが次々に集まってきました。特急電車で勿来を目指し、そこからマイクロバスで鮫川村を目指します。勿来駅では、現地スタッフがお迎えに来てくれました。これから始まるキャンプに、みんなワクワクです。

現地に着き、子どもたち、スタッフ一人ひとりが自己紹介をしました。その後、今回のキャンプの約束を3つ伝えました。みんなが楽しく、気持ちよく過ごすための約束です。ふとしたときに振り返りながらキャンプを進めていこうというお話をしました。

いよいよお腹もすいてきたのでお昼ごはん。食事の配膳をしていると「ぼくも運ぶ!」「私も配るね」と次々に手伝ってくれる子どもたち。自然な姿がとってもいいな…と思いました。お昼のメニューはおいしい炊き込みごはん。あまりのおいしさに、おかわり分も最後にはスッカラカンになっていました。

昼食後は3日間過ごすフィールドの見学です。畑、動物の小屋、遊び場所…など、危ない個所も含めて紹介がありました。子どもたちは早く遊びたいとうずうず。遊び時間になると、一斉に自分が遊びたい場所、行きたい場所へ向かっていきました。ターザンロープでゆれたり、ウォールクライミングにチャレンジしたり、木工工作をしてみたり。中には、現地で飼っている犬と仲良くなり、ずっとその場所で過ごしている子もいました。自分がいたい場所で、好きなだけ過ごす。これができるのが、今回のキャンプの大きな魅力です。

遊んだ後は夕方の当番決めです。希望者が集中する当番もあり、「どうしようか?」と投げかけると、「絶対に譲らない!」という子もいれば、「他の当番に移動してもいいよ」という子もおり、なんとか決めることができました。「譲らないほどやりたい」という気持ちも大切。譲った子の「本当はやりたかった」という気持ちも大切。3日間通して当番決めの機会が何回かあるので、子どもたち同士、いろんな気持ちを想像しながら、決める練習をしていけたらいいなと感じました。

その後は農業です。今日の作業はじゃがいも堀り。土の中に埋まっているじゃがいもを掘り起こしていきます。まるで宝探しのように、じゃがいもが見つかると「あった!」「見てみて、こんなにいっぱい!」とキラキラと嬉しそうな表情をしていました。じゃがいもは今日のカレーと、朝ごはんか昼ごはんに味噌じゃがという料理として提供いただけるそうです。楽しみ!

農業が終わり、当番活動の時間になりました。先ほど決めた通りに、犬の散歩、動物の世話、ドラム缶風呂沸かし、米炊き、夕食準備の係に分かれました。希望の当番ではなかった子も、「行ってみたら意外とおもしろかった!」という感想を聞かせてくれました。

特に米炊き、ドラム缶風呂沸かしチームでは、薪割りが大盛り上がり!太くて固い薪をいったい誰が割れるんだと交代でチャレンジをして、見事割れたときは歓声が上がりました。「また明日もこの当番やろうよ」という声も聞こえてきました。

たくさん遊んで、当番もがんばった後、お待ちかねの夕食です。今日は、先ほど収穫したじゃがいもがゴロゴロ入った絶品のカレー。昼食以上に、おかわりに並ぶ列が長かったです。夕食後は楽しみに待っていたドラム缶風呂です。みんな初めての経験に、ドキドキワクワク!「意外と深い!」「気持ちいい!」というにぎやかな声が、たくさんあふれていました。

夜の子ども会議で、明日朝の当番を決めて、今日は終了です。今日は雨も少し降りましたが、活動への影響は少なく、子どもたちのいきいきした表情がたくさん見られた1日でした。残りのキャンプも、全力で楽しもうね!

(事業責任者 ゆっこ)

>>2日目の記事へ
>>3日目の記事へ

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日11時~19時

募集中のプログラム

日程:2022年12月26日~28日

場所:長野県上田市

対象:小学生・中学生

キッズクラブ:冬休みキャンプ
菅平高原スキーキャンプ

美しい冬の雄大な自然に囲まれた菅平高原を楽しく滑ろう!山頂や森の景色は最高です!初心者も経験者も大歓迎!スキーのレベルに応じてグループに分かれてレッスンします!

詳しくはこちら

日程:2022年12月10日

場所:都立木場公園

対象:親子・幼児・小学生

【公開】子どもがのびのび遊べる場
木場プレーパーク

いつ来てもいつ帰ってもOK!のこぎりやトンカチ、絵の具などの様々な道具を使い、土や水、木といった自然の素材、布や段ボール等の廃材などで思い思いに遊べます!

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >