子どもキャンプ

2022年12月菅平高原スキーキャンプ(1日目)

2022/12/26

菅平高原スキーキャンプ2022」の1日目がスタートしました。朝早い集合でしたが、集まってきた子どもたちは元気いっぱい!錦糸町・門前仲町それぞれで集合し、バスの中で合流しました。4時間ほどかけて、長野県の菅平高原を目指します。スタッフによるバスレクを行い、楽しい時間を過ごしていたらあっという間に現地へ到着!

昼食を食べたら、いよいよスキーの準備です!「早くスキーがやりたい!」と、みんな素早く準備をしていきます。今回、お世話になるインストラクターの先生にあいさつをしたら、いよいよコースごとにスキースクールのスタートです。

スキーが初めてのコースでは、スキーブーツの履き方、板とストックの持ち運び方など、基本となる部分から教わっていきます。ゲレンデに行ったら、ストックの持ち方、板の付け方を教わりました。板を付けるのも初めは大変。でも、時間をかけながら片足ずつ一生懸命履いていました。

その後は、なだらかな斜面で滑る練習です。ハの字にすることを頭ではわかっていてもなかなか初めは難しいですが、少しずつコツを掴んでいるように見えました。明日は一日中スキーができるので、もっとできることが増えていくのが楽しみですね。

初級のコースでは、まず、スキーブーツやスキー板の装着方法を教わりました。うまく装着ができたら、いつもとは違う動き辛さに苦戦しながらも、カニ歩きや逆ハの字で斜面を登る練習をしました。斜面を登ったら、次は滑る練習です。スキー板をハの字に広げて、スピードを調整しながら滑っていきます。

初めのうちはスピードを落として止まることが難しく、転んでしまうことが多かったですが、回数を重ねるごとに安定して滑って止まれるようになってきました。最後に、曲がる練習を行って、リフトに乗ることを楽しみにしつつ、一日目の練習を終えました。

中級のコースでは、「久しぶりで滑れるかな」とドキドキしながらゲレンデに向かいました。早速、板をつけて滑る準備をしました。板を付けるときに後ろに滑らないように、インストラクターさんにコツを教えてもらいました。山の低いところでㇵの字で止まる練習をした後、リフトに乗って頂上へ。今日はスキーの感覚を取り戻すために少し滑って止まってを繰り返して降りました。久しぶりのスキーが楽しかったようで、「明日もっと滑れるのが楽しみ!」と言っていました。

上級のコースでは、昨年までのスキーキャンプに参加したことがあるお友達が多かったので、まず1本目はこれまでを思い出しながら滑りました。「ぐーっとしゃがむんだった!」と感覚を取り戻していました。2本目以降は、ただ滑るだけではなく、板を平行にして見た目が美しいターンができるよう、インストラクターからやり方を教えてもらいました。体重のかけかたなど、思うようにいかず四苦八苦していましたが、一つひとつポイントを意識し、真剣な面持ちで繰り返し滑って試していました。

スキーが終わったら「もうお腹はペコペコ!」ということで、楽しみにしていた夕食の時間です。夕食はみんな大好きバイキング!好きなものを、そしてバランスの良さにも気を付けながら、食事をとっていきました。

夕食後は、寒い体を温めるべく、お風呂へ。お風呂のあとはロビーで班ごとにジュースを飲んだり、アイスを食べたりと、のんびりした時間を過ごしました。明日はいよいよ2日目!一日中スキーができるのは楽しみですね。元気よく滑っていきましょう!

(職員 ゆっこ)

>>2日目の記事へ
>>3日目の記事へ

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日11時~19時

募集中のプログラム

日程:2023年2月11日

場所:都立木場公園

対象:親子・幼児・小学生

【公開】子どもがのびのび遊べる場
木場プレーパーク

いつ来てもいつ帰ってもOK!のこぎりやトンカチ、絵の具などの様々な道具を使い、土や水、木といった自然の素材、布や段ボール等の廃材などで思い思いに遊べます!

詳しくはこちら

日程:2023年1月29日

場所:江東区総合区民センター

対象:小学生・中学生

キッズクラブ:1月あそびの達人
まちを作って遊ぼう!

プロのデザイナーの先生に教わりながら、仲間と力を合わせて世界に一つの「まち」を工作しよう!アイデアいっぱいの建物や乗り物を作って、ボクらのまちを完成させよう!

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >