子どもキャンプ

春休み子どもキャンプ2023(2日目)

2023/03/26

春休み子どもキャンプ2023」の2日目です。バイキング形式の朝食を食べ、これから始まる2つのプログラムの準備万端!2日目は、全体を2グループに分けて、クライミングウォールとおかし作りを午前と午後で入れ替わりながら進めていきました。

おかし作りでは、材料を混ぜ合わせ、飯ごうに流し込んで強火で蒸し上げる飯ごう蒸しケーキと、マシュマロを弱火であぶりチョコペーストをかけてクラッカーで挟んで食べるスモアーズを行いました。

まずは使う器材の準備です。班のみんなで協力しながら必要なものを集め、水洗いをしていきます。飯ごう蒸しケーキでは、1日目のシチュー作りの経験を活かし、火の当番と生地作りの当番を役割分担しながら作業を進める様子が見られました。雨が降っていて地面が濡れていたり薪が湿っていたりと火付けをするには少し難しい環境でしたが、1日目に火付け講習を受けた子どもたちを中心にテキパキと薪を組み、真剣に火付けに取り組んだ結果、生地が出来上がるころにはどの班も十分な大きさの火を起こすことができていました。

生地作り当番はレシピを見ながら着実に進めていきます。順番に材料を入れたり混ぜ合わせたりと協力している姿がありました。

生地も火の準備もできたら、水と生地を入れた飯ごうを火にかけていよいよ蒸し上げていきます。火にかけている間、飯ごうの様子を観察したり他の班の様子を見に行ったり順番に火の管理をしたり使った調理器具を洗ったりとうまく時間を使っていると、あっという間に蒸しあがりました!

出来上がった蒸しケーキを班のみんなでおいしく食べた後はスモアーズです。マシュマロは自分の好みになるまであぶります。中には真っ黒こげになってしまったお友だちも…。「3秒ずつ火に当てるといいよ」「棒をくるくる回せばこげないよ」などコツを伝え合いながらうまくできるように進めていきました。

どの班も蒸しケーキ、スモアーズともにうまくできあがり、特に蒸しケーキは班で協力して作ったため、おいしさは格別だったと思います!

クライミングウォールでは、ボルダリングとトップロープクライミングを行いました。

ボルダリングは3mまで壁を登っていきました。どこが登りやすいのか、どの色のホールドを使って登っていくのかを考えて登っている姿がみることができました。

トップロープクライミングでは、6mと9mの壁を使って登りました。班の中で目標を決めて、協力している姿が見られました。子どもの中には9mの壁を登りきる子もいて、登りきった瞬間にはみんなで喜びを分かち合いました。クライミングウォールは、登る人、ロープを支える人と様々な役割があるチームスポーツです。仲間が登っていくことを支え合い、応援し合う姿がとても素敵でした!

プログラムが終わり、お風呂に入ったら、ログハウスでの自由時間です。ログハウス内にお化け屋敷を作ってスタッフを招いて驚かせたり、光るブレスレット探しをしたり、班のみんなでカードゲームの頭脳戦をしたり、どの班も最後の夜を存分に楽しんでいました。

明日はついに最終日です!最終日は晴れるといいな!

(プロジェクトメンバー まゆ)

>>1日目の記事へ
>>3日目の記事へ

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日11時~18時

募集中のプログラム

日程:2024年8月20日~22日

場所:山梨県北杜市

対象:小学3年生~中学生

キッズクラブ:サマーキャンプ
本格アウトドアコース

テント泊で火おこしにもチャレンジする2泊3日!原始の火おこし・たき火、野外料理、ナイフ講座、弓矢づくり・遊び、ネイチャーゲームなど

詳しくはこちら

日程:2024年8月9日~12日

場所:福島県東白川郡鮫川村

対象:小学3年生~中学生

キッズクラブ:サマーキャンプ
子ども村・経験者コース

里山の田舎暮らしと自然遊びを楽しむ3泊4日!農林業体験、動物のお世話、自然遊び、薪割り、流しそうめん、手作りピザ体験など

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >