子どもキャンプ

2018年12月菅平高原スキーキャンプ(3日目)

2018/12/28

あっという間に「菅平高原スキーキャンプ」の最終日を迎えました。キャンプが始まる前に心配されていた大寒波でしたが、幸いなことに午前中は吹雪くことがありませんでした。最終日は午前中という限られた時間でしかスキーを滑ることができません。なので、一人ひとり助け合いながら荷物整理をしたり、布団を畳んだりしていました。また、「次は何をやればいい?」「どこに行けばいい?」「私が持っていくよ!」と声を掛け合いながら、協力して荷物移動をするという姿もありました。

そして、いよいよ最後のスキーが始まりました!最終日は3日間の集大成として一人ひとり掲げた目標を達成できるように滑っていきました。初級コースは、少し下で練習をした後、早速、リフトに乗っていきます。昨日のスキーで慣れてきたのか、一本目からハの字の形をしっかり作って滑っている子どもが多く、短期間でのめざましい成長を感じられました。「上手になったね!」と声をかけると、とても嬉しそうな表情を浮かべているのが印象的でした。

中級コースは1日目、2日目によく滑れていたので、これまでより1つ難しい上のコースにチャレンジすることになりました。やや傾斜が急になりましたが、みんな物怖じすることなく取り組みます。最後は無事に全員が滑り降りてくることができました。この経験が、子どもの自信に繋がっていたら嬉しいなと思います。

上級コースも中級コースと同じく、1日目、2日目よりもより急な坂に挑戦しました。この2日間で練習したスピードコントロールや小回りをうまく使って滑らないと転んでしまいます。最初に急な坂を見たときに「滑ることができるかな」と不安な言葉を口にしていましたが、滑り始めると練習してきた成果を発揮し、上手に急な坂を滑り降りることができました!

最後のスキーの後は、ふりかえり会が始まりました。昨日に立てた目標を達成できた子、達成までいかなかった子それぞれいましたが、「次のスキーではこんなことにチャレンジしたい」という前向きな声もあがっていました。さらに、このふりかえり会ではこの3日間頑張った人に修了証が送られます。今回はなんと全員、この修了証を受け取ることができました。3日間本当によく頑張りましたね。

感環自然村の先生方とお別れの挨拶をして、東京へ向けてバス出発!帰りのバスの中でも「イントロクイズ」など様々なバスレクをしてみんなで盛り上がりました。そして、無事に集合場所に着くことができ、元気に挨拶をして解散をしました。

今回のキャンプでは、ほとんど天気に恵まれ、みんなで協力し合いながら楽しいスキーキャンプを作り上げることができました。また、次回のスキーキャンプや夢職人の活動でみんなと会える日をみんな心から楽しみにしています!

(サポートスタッフ りーちゃん)

>>1日目の記事へ
>>2日目の記事へ

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日10時~19時

募集中のプログラム

日程:2019年11月2日~4日

場所:福島県東白川郡鮫川村

対象:小学3年生~中学生

キッズクラブ:農業体験・山村生活
みんなで作る!子ども村

農業体験や山村生活、自然遊びが楽しめる2泊3日!里山、田んぼ、畑があり、ヤギやニワトリなどの動物も暮らす自然豊かな村で、仲間と一緒に田舎の暮らしを楽しもう!

詳しくはこちら

日程:2019年10月12日

場所:都立木場公園

対象:親子・幼児・小学生

【公開】子どもがのびのび遊べる場
木場プレーパーク

いつ来てもいつ帰ってもOK!のこぎりやトンカチ、絵の具などの様々な道具を使い、土や水、木といった自然の素材、布や段ボール等の廃材などで思い思いに遊べます!

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >