子どもキャンプ

夏休み子どもサマーキャンプ2019「長野・川と森のコース」1日目

2019/07/26

夏休み子どもサマーキャンプ2019「川と森のコース」の1日目がスタートしました!台風の影響が心配される中でしたが、朝はすがすがしい青空!キャンプのいいスタートがきれそうな天候です。集まってきた子どもたちはとっても元気いっぱい!これから始まるキャンプに期待が膨らみます。錦糸町、門前仲町の子どもたちが集まり、いよいよ長野県に向けて出発しました。

今回は、長野県の南にある「長野県立阿南少年自然の家」に宿泊します。東京から向かうとバスで5時間以上かかるので、子どもたちにとっては長旅ですが、楽しく過ごせるようにスタッフがバスレクなどを行なっていきました。初めは緊張していた子どもたちも、みんなでゲームをしたり、隣の友だちとおしゃべりをしたりする中で、あっという間にバスの中はにぎやかに!順調に進んでいきます。途中のサービスエリアでお昼ごはん休憩をとり、山道をのぼっていくと、阿南少年自然の家に到着しました。

施設職員の方から施設の使い方のオリエンテーションを受け、それぞれの部屋に入ります。ずっとバスに乗っていたこともあって、「早く出かけよう!」と早速探検に出かけている班が多かったです。現地はとても豊かな自然に囲まれていて、バッタ、カマキリ、トンボ、カエル…など、いろいろな生き物を見つけていました。暑さも和らぎ、とても心地よい気候でした。

夕食は食事係の出番です。これから4日間、他の子どもたちよりも先に来て配膳をし、最後は食堂をピカピカにする大切な係です。みんな説明を聞きながら、一生懸命準備に取り組んでいました。そのおかげで、夕食もおいしくいただけました。食事係のみんな、4日間よろしくね!

夕食の後は、自然の木の枝を使ったネームプレート作りです。木は一つひとつ木目が異なっています。どの木がいいかな?と選ぶ順番を決めるため、ちょっとしたゲームを行いました♪あるテーマに沿って思いつく言葉をたくさん出していくゲームで、白熱して取り組んでいました。その後自分の木を決めて、名前や班の名前を書いたり、デコレーションをしていきました。できあがったネームプレートを自慢げに見せている様子が印象的でした。この名札を4日間使っていこうね♪

お風呂に入ったらあっという間に1日目の終了!まだまだ遊び足りない子どもたちは、夜もなかなか寝付けなかったですが、明日に向けて今日はおやすみなさい!残り3日間思いっきり楽しもうね!

(副理事長 ゆっこ)

>>2日目の記事へ
>>3日目の記事へ
>>4日目の記事へ

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日10時~19時

募集中のプログラム

日程:2019年11月9日

場所:都立木場公園

対象:親子・幼児・小学生

【公開】子どもがのびのび遊べる場
木場プレーパーク

いつ来てもいつ帰ってもOK!のこぎりやトンカチ、絵の具などの様々な道具を使い、土や水、木といった自然の素材、布や段ボール等の廃材などで思い思いに遊べます!

詳しくはこちら

日程:2019年11月2日~4日

場所:福島県東白川郡鮫川村

対象:小学3年生~中学生

キッズクラブ:農業体験・山村生活
みんなで作る!子ども村

農業体験や山村生活、自然遊びが楽しめる2泊3日!里山、田んぼ、畑があり、ヤギやニワトリなどの動物も暮らす自然豊かな村で、仲間と一緒に田舎の暮らしを楽しもう!

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >