子どもキャンプ

夏休み子どもサマーキャンプ2019「千葉・海と岬のコース」2日目

2019/08/05

さあ、夏休み子どもサマーキャンプ「海と岬のコース」の2日目が始まりました。少し眠たそうに目をこすりながらも、起床時間にしっかりと起きて、身支度を整える姿はとても頼もしい!朝のつどいで元気よく挨拶をし、体操でしっかりと目を覚ましてから、このキャンプ初めての朝ごはんを食べました。

朝ごはんのあとは、楽しみにしていたアドベンチャーラリー!体育館に集合すると、何やら助けを求める声が…。旅を続けられなくなって困っている海賊団から、自分たちの代わりにミッションに挑戦し、たくさんの「たいぶさストーン」を集めてきてほしいとのこと。子どもたちはこの「たいぶさストーン」を集めるために、広い広い半島を冒険する旅に出ることになりました。

各ポイントでは、ジェスチャーゲームをしたり、葉っぱの手触りを頼りにクイズに挑戦したりと、班のお友だちと協力しながらたいぶさストーンを集めていきます。ミッションをクリアして宝箱を開けることができたときは、「わーー!」という歓声が聞こえてきました。

 

キャンプに参加している全員で力を合わせたおかげで、無事に海賊団は旅を続けられることになりました。お礼にもらった宝物はとてもきれいで、子どもたちは嬉しそうに見せにきてくれました。

 

お昼ごはんで元気をチャージしたら、班ごとの自由時間です。広い広い大房岬、まだまだ探検するところがたくさん!カニや虫をつかまえたり、秘密基地を作ったり、広場を駆けまわったりと、思い思いの時間を過ごしました。中には、班をこえて遊んでいる子達もいました。

そして、2日目最後のプログラムは、キャンドルファイヤーです。すっかり暗くなった夜、静かな雰囲気で体育館に入っていきます。そんな暗い夜に火を灯してくれたのは、4年生の有志のお友だちです。キャンドル一本一本に火をつけ、キャンプの楽しかった出来事を堂々と発表しました。先ほどの自由時間で、一生懸命自分たちで構成やセリフを考えた成果を、しっかりと出すことができました。

点火のセレモニーのあとは、待ちに待ったレクリエーションの時間!火を囲んでたくさん汗をかきながら、歌って、踊って、最後の夜を楽しみました。最後には、全員のキャンドルに火がともされ、幻想的な雰囲気で締めくくることができました。

キャンドルファイヤーのあとは、お風呂に入り、日記で1日を振り返りました。明日でキャンプは最後。「あと1回寝たらもうキャンプ終わりなの?」と寂しい表情で聞いてくる子もいました。明日も楽しみなことが盛りだくさんだね。おやすみなさい!

(プロジェクトメンバー こだちゃん)

>>1日目の記事へ
>>3日目の記事へ

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日11時~19時

募集中のプログラム

日程:2020年10月31日~1日

場所:千葉県長柄町

対象:小学生・中学生

キッズクラブ:秋の子どもキャンプ
ハロウィンキャンプ

10月31日の夜は、オリジナルの仮装アイテムを作って、みんなでハロウィン・パーティーを楽しもう!ログハウスに泊まって、おやつにでっかいバームクーヘンも作ろう!

詳しくはこちら

日程:2020年10月11日・24日

場所:江東区亀戸

対象:小学生・中学生

キッズクラブ:Base Camp
Weekend Base Camp

週末に江東区亀戸エリアでスポーツ・レクリエーション、自然体験・野外活動、工作・クラフトなど、多様な遊びや体験が楽しめる日帰りプログラムを提供しています。

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >