キャンプ・イベント

キッズクラブ:1月あそびの達人

まちを作って遊ぼう!

プロのデザイナーの先生に教わりながら、仲間と力を合わせて世界に一つの「まち」を工作しよう!アイデアいっぱいの建物や乗り物を作って、ボクらのまちを完成させよう!

日程:2024年1月21日
場所:江東区文化センター
対象:小学生・中学生

<日帰りプログラム:2024年1月「あそびの達人」>

ボクらのまちを作って遊ぼう!~建物や乗り物をデザインしよう!

大きくなったらどんな「まち」に住みたいかな?川がある町かな?それとも、海がある町かな?今回の「あそびの達人」では、世界に一つの町を自分たちの手でデザインします。プロのデザインの先生が来てくれて、考えたことを形にする方法を教えてくれます。まずはじめに町をつくる場所を選びます。川があったり、海があったり、色々な場所があるよ!場所が決まったら、どんなまちを作るか班のみんなで相談して、家や学校、タワーや橋、新幹線や車など、世界に一つのものを作ろう。工作や絵が苦手な子も大丈夫。楽しく作れるように先生が教えてくれるよ。班ごとの町ができてきたら、隣町とつながる方法を考えよう!離れていても、つながる方法があるはず!?町が完成したらみんなで発表会をしよう!さあ、人気No.1は、どこの町かな?

▼動画:以前の活動の様子について

●以前の活動の様子(2023年2022年
●初参加の方は「キッズクラブ」についてご確認ください。

【講師プロフィール】
パンプロファクトリー:パンプロファクトリーは梅村昇史と渡辺千春の共同作業場のようなものです。イラストやデザインの仕事をしたり、ワークショップ講師をしたりしています。子ども向けワークショップ『絵本作り』など多数。木場プレーパークでは『遊び場ビバビバ!viva art』としてお絵描きコーナーを担当しています。2023年度より、月に1回、“うめちゃんのびじゅつ教室”を始めました。小学生から大人まで、絵が描きたい人のための、ひたむきで楽しい時間をご提供しています。

・梅村昇史(うめむらしょうじ)先生:武蔵野美術大学卒業後、4年間の広告デザイン事務所勤務を経て、梅デ研の屋号でフリーランスに。書籍等でのデザインとイラストレーションを中心に仕事をスタート。並行して音楽CDのジャケットデザイン、子供向けのお話、マンガ作品の発表(福音館、小学館、河出書房等)、ワークショップ等の活動も行っております。

・渡辺千春(わたなべちはる)先生:武蔵野美術短大テキスタイル(Textile)デザイン専攻。テキスタイルの図案家から転身、フリーのイラストレーターに。これまでの仕事:東京都教育委員会、BumB東京スポーツ文化館、伊勢丹新宿店、LixiL、小学館、ヤマハ音楽振興会など。

◎本プログラムの受付は終了しました。

button_entry

1.プログラム概要

◆日時:2024年1月21日(日)9時45分~17時50分

◆場所:江東区文化センター(東京都江東区)
東京メトロ東西線「東陽町」駅より徒歩5分
※本プログラムは、現地集合・解散の活動となります。

◆対象:キッズクラブ会員の小学1年生~中学3年生
※キッズクラブ会員でない方も、初回に限り「体験参加」でお申し込みを頂くことが可能です。

◆定員(最少催行人数):30名(20名)
※応募者が最少催行人数に満たない場合は、活動を中止する場合がございます。

◆食事提供:なし(昼食持参)

2.費用

◆参加費:5,100円(税込)

◆参加費に含まれるもの:プログラムに要する費用、保険料、消費税等の諸税

◆支払い方法:銀行振込
※振込先の詳細は、お申し込みを頂いた後にご案内いたします。

◆補助制度:本プログラムは、以下の利用が可能です。
・千葉市こども未来応援クーポン
・子どもの体験奨学金ハロカルクーポン

3.受付・申し込み・キャンセル

◆受付期間:2023年12月18日(月)正午~2024年1月9日(火)13時

◆申込方法:
①本ホームページの「お申し込み」ボタンから遷移するフォームよりお申し込みください。
②事務局からご案内する振込先へ参加費のお支払いを指定の期日までに行い、予約が完了となります。(定員となっている場合は、キャンセル待ちのご案内をいたします)
③予約が完了している皆様に、スケジュールや持ち物等について記載されている資料一式をお送りいたします。

◆キャンセル:参加費をお支払い頂いた後、参加者様のご都合によりキャンセルをされる場合には、下記のキャンセル料が発生いたします。万が一、キャンセルされる場合は当方までお早めにご連絡下さい。

4.事前確認事項

◆本プログラムは、交通や宿泊の手配を含まない現地集合解散の活動となります。

◆キッズクラブは、子どもの意志や意見を尊重した活動を大切にしています。ご参加にあたっては、お申し込みを頂く前に、ご参加されるお子様自身にプログラム内容等をご説明のうえ、参加意志のご確認を必ずお願いします。

◆キッズクラブは、子どもたちの自立心と社会性を育むことを目的とし、異年齢での集団活動を軸とした体験活動を行っています。日常の学校等での友人関係に関わらず、多様な友人関係を築いていくことを重視しています。グループ編成等についてご希望を頂くことはできませんので、予めご了承ください。また、安全管理上の観点から集団での活動が苦手なお子様などについては、活動へお申し込みを頂く前に事務局までご相談ください。

◆持病やアレルギー等で健康上に特段の配慮を必要とされるお子様については、活動へお申し込みを頂く前に事務局までご相談ください。症状等によっては、お申し込みをお受けできない場合がありますので、あらかじめご了承ください。アレルギーについては、対応可能な範囲が活動ごとに異なります。除去対応などが難しい場合には、お弁当やレトルト食品などのご用意をお願いすることがあります。

◆当方からのご連絡やご案内する資料、当日の生活やプログラム上での指導は全て日本語で行います。ご参加にあたっては、保護者様が当方からのご連絡やご案内する資料の内容を理解でき、事前の参加者の健康情報の確認や当日の緊急連絡等について、日本語で会話できる必要があります。また、安全管理上、参加するお子様自身が日本語で日常生活レベルの会話ができ、文章を読み取れる必要があります。日本語能力にご不安がある場合は、活動へお申し込みを頂く前に事務局までご相談ください。

◆活動中に当方のスタッフや関係者が撮影した写真・映像は、参加家庭への活動報告・販売、当方のスタッフや関係者・支援者の広報・宣伝物、販促品及び公式WEBサイト、ソーシャルメディア上において、表示又は使用することがあります。なお、一般に公開される写真・映像については、名前等の個人情報が映らないように配慮いたします。撮影に特段の配慮が必要な方については、活動へお申し込みを頂く前に事務局までご相談ください。

◆活動中は教育活動や安全管理等を最優先とするため、撮影した写真や映像は活動終了後に整理し、後日、参加家庭へご案内いたします。写真や映像は教育活動や安全管理等に支障のない範囲での撮影となり、撮れ高を保証することはできません。

◆新型コロナウィルス感染症対策については、活動で利用する場所や施設、交通機関・旅客運送事業者、宿泊施設等で定められているルールや対策に従って行います。マスクの着用は、参加者、スタッフともに、原則として個人の判断といたします。感染症の流行期間、交通機関での移動時、室内での活動については、マスクの着用を一部お願いする場合があります。

◆新型コロナウィルス、インフルエンザ等の感染症となった場合の参加停止期間については、学校において予防すべき感染症の種類と出席停止期間等の基準を定めている学校保健安全法に基づき、参加の可否を判断いたします。感染症を理由とした参加停止も通常のキャンセルと同じ扱いとなります。

◆活動実施中に、下記の状況になった場合、お子様の体調への配慮及び周囲への感染拡大を防ぐため、現地までお迎えに来て頂く場合がございます。その際、交通費や医療費等は保護者様のご負担とさせていただきますので、あらかじめご了承ください。
・新型コロナウィルス、インフルエンザ等の感染症の発症、その可能性が高い場合
・原因不明の高熱や体調不良が続き、悪化する可能性が高い場合
・活動場所での処置や治療、療養が難しい場合

6.主催(プログラム企画・実施)

特定非営利活動法人夢職人
◆住所:東京都江東区亀戸6丁目54番5号 小川ビル2階
◆電話:03-5935-7302
◆営業時間:平日11時~18時

キッズクラブの活動について
もっと知りたい方はこちら!
お電話での問い合わせ
03(5935)7302
受付:平日11時~18時

募集中のプログラム

日程:2024年5月3日~6日

場所:福島県東白川郡鮫川村

対象:新小学3年生~中学生

キッズクラブ:子ども村
みんなで作る!子ども村

GWに自然豊かな山村で暮らして遊ぶ3泊4日!農林業体験、動物のお世話、自然遊び、薪割り、手作りピザ体験、手打ちうどん体験など

詳しくはこちら

日程:2024年4月27日~29日

場所:千葉県南房総市

対象:新小学生~中学生

キッズクラブ:GWキャンプ
南房総こどもキャンプ

GWに絶景が広がる大房岬の海や森を楽しむ2泊3日!海の生きもの探し、大房岬ラリー、ナイトハイク、キャンプファイヤー、クラフトなど

詳しくはこちら

保護者の声

親としては子どもが自分の身の回りのことをちゃんとできるか心配しましたが、特に問題もなく本人が楽しく参加できたようなので本当によかったです。
親が離れると不安を感じるタイプだったので、それをクリアさせたいと思い参加しました。最初はかなり緊張した様子でしたが、何回か参加するうちに知っている顔も増え、慣れたようです。
キャンプから帰ってくると、スタッフからキャンプ中の子どもの様子を報告してもらえるのもとても良いと思います。安心して預けています。
キャンプの前に面談があるので、子どものアレルギーのことなどを事前に伝えておくことができたのもよかった。継続して参加していると、昨年できなかったことが今年できるようになったなど成長を感じられます。
スタッフの方から連絡帳で、班長の役目をきちんと務めたことを教えてもらえたのはよかったです。将来大きくなって、今度はスタッフとして関われるようになったら素敵だなと思います。
何度も参加したりして人と人とのつながりができるのが魅力的。何でも不安になりがちな子だったが、一度参加して以来、積極的に次の参加もしたがり、一皮むけた感じがしました。

スタッフ専用 >